イボコロリやウオノメコロリでシミ取り

MENU

イボコロリやウオノメコロリでシミ取りができる!?

多くのブログでシミ取りの方法としてイボコロリを使ってシミを剥がし取るという方法が掲載されていますが、本当でしょうか?

 

結論から言えば「可能」です。

 

 

皮膚や薬品の知識に強い知り合いに聞いてみたところによると、イボコロリなどに含まれる「サリチル酸」という酸がかなりの高濃度で含まれているので、シミを取るというのはその作用だろうとのことでした。

 

 

サリチル酸というのは、美容皮膚科などで行うケミカルピーリングに使用されています。

 

ケミカルピーリングというのは、顔に「酸」を塗布し皮膚の表面を溶かして強制的に角質を剥がすというものです。

 

イボコロリを使ったシミ取りの方法は、シミの部分にイボコロリ(サリチル酸)を塗布し、その部分の皮膚を酸により溶かして角質ごとシミを剥がしてしまうというものです。

 

実践した方のブログを見ると、イボコロリを塗布するとシミに「かさぶた」ができて、数日後に自然にシミと一緒に剥がれ落ちると書いてあります。

 

イボコロリやウオノメコロリのサリチル酸でかさぶたになる・・ということは、酸によって軽い「火傷」のような状態になっているのでは?と推測できます。

 

そして、皮膚が自らを修復するためにかさぶたができて、傷が治るのと同じようにかさぶたとしてシミが沈着した角質ごと剥がれるのです。

 

この方法は、皮膚の弱い方だったり使い方を誤ると危険です。
それは、製品の1gあたり0.1g(つまり10%)もの高濃度のサリチル酸が配合されているからです。

 

サリチル酸によって皮膚を溶かすことと同じですから、肌への刺激によってシミが余計濃くなったり、アザができてしまうなどの副作用や失敗の可能性が高い方法です。

 

イボコロリはシミ取りのための薬ではなく、文字通り「イボ」を取るための強い薬ですので顔や皮膚の薄いところには使わないほうがいいでしょう。

 

自宅でシミ消し!や1週間でシミがとれた!10日間でシミが消えた体験談!など多くのブログで書かれているシミ消し方法はこの「イボコロリ」や「ウオノメコロリ」を使った方法だと思います。

 

シミをすぐにでも取りたい気持ちはすごくよくわかりますが、危険な方法を試して後悔するよりももっと安全な方法でシミを消したほうが私はいいと思います。

 

また、シミは紫外線からお肌を守るために肌が作り出したメラニンですので、シミを取ったあとはいつも以上に紫外線対策を徹底してお肌を守ってください。

 

肌の弱い方でも安全なシミ対策化粧品ならこれ。

もし、ブログ等で販売しているイボコロリを使ったシミ取り法のPDFなどを買ってしまい、後悔している方はサエルという敏感肌専用ブランドの会社が開発した肌にやさしい美白成分でシミ対策をしてみてください。

 

サエルはベストヒットコスメにも選ばれた美白化粧品。
白斑が出来る心配も絶対にありません!!

 

その人気の秘密は「黒くなったメラニンを白くする!」
という安全で確実なあの成分を使ったホワイトサイクルシステム!

 

※ディセンシアサエル公式サイト(トライアルセットはこちらから購入できます)

黒くなったメラニンを白くする方法「ホワイトサイクルシステム」とは!?

 

 

 

顔のシミを消す化粧品 - TOPへ

関連ページ

ドラッグストアで買える人気の美白化粧品
プチプラな美白化粧品を買うならドラッグストア!1,200円以下で買える美白化粧品を中心にネットで人気のシミ対策に人気の化粧品もピックアップ!
美白力を高める生活
美白を維持するためには普段の生活から意識してお肌を紫外線から守ったり、シミを防ぐ対策を行う必要があります。
肌を白くする方法は合わせ技にアリ!
肌を白くするためには、肌の色が黒くなったりシミを作る原因になるメラニン色素を徹底的に作らせないことが必須です!肌を白くするために必要な3つのアプローチを紹介します。