肝斑(かんぱん)のシミを消す

MENU

かんぱん(肝斑)のシミに効く化粧品って本当にあるの?

 

肝斑(かんぱん)は、化粧品ではどうにもならないと思っていませんか?

 

かんぱんもメラニン色素が肌に沈着してできるシミの一種ですから、美白化粧品で薄くしていくことが可能です。

 

肝斑(かんぱん)は紫外線の浴びすぎやニキビ跡などの外的要因からできるシミと発生の原因は異なり、妊娠や更年期、ピルの服用などによって女性ホルモンのバランスが崩れたときにできやすいといわれていますが、シミを作っているのはメラニン色素という点では普通のシミと同じなのです。

 

肝斑(かんぱん)を治す方法と聞くとまず思い浮かぶのは「トランシーノ」という肝斑の飲み薬ではないでしょうか?

 

トランシーノはテレビのCMでも放送されていたので有名なお薬で、肝斑に効く成分としてトラネキサム酸が配合された医薬品です。

 

肝斑にトラネキサム酸が効くということですが、実は副作用もあります。

 

血液を固まりやすくする効果があるので、血栓性の病気のある方は服用できません。その疑いのある方も知らずに飲んでしまうと怖いので、肝斑を消したいからと安易に飲むのはちょっと危険かもしれませんね。

 

また、2ヵ月間を超えて服用してはいけないなど継続的に服用できないというデメリットもあるのです。

 

あえて、副作用の可能性がある飲み薬で肝斑を治そうとしなくても、できてしまったシミであるメラニンのケアができる成分が入ったシミ対策用の美白化粧品があるので、スキンケアで対策したほうが安心です。

お肌に現れてしまった肝斑の原因であるメラニンを消す成分「ハイドロキノン」が入った美白化粧品が肝斑のシミに悩む方にはおすすめです!

 

かんぱんによるシミに効果が期待できる2つの成分はこれです!

トラネキサム酸 ⇒ 飲んで改善する

服用することで体の内側からメラニン生成刺激物質やチロシナーゼの働きをブロックします。医薬品のトランシーノが有名です。

 

ただしトラネキサム酸は血液が溶けにくくなる働きがあり血栓性の病気のリスクがある方は注意が必要です。
また、2か月を超えて服用してはいけないなどの制約もあるので、継続して肝斑の対策ができないという点もデメリットです。

 

ハイドロキノン ⇒ 直接塗って改善する

シミの「特効薬」といわれる現在最もシミを薄くする効果が高いといわれるハイドロキノンは、かんぱんのシミにも有効です。

 

皮膚バリアの奥まで成分を浸透させメラニンを直接ケアすることでシミを白く(無色化)できるのでとても効果的です!
肝斑のシミには、ハイドロキノン配合の美白化粧品を使いましょう!

 

 

肝斑のシミに有効な美白化粧品は皮膚の奥まで浸透するハイドロキノン配合の美白化粧品です!

シミ予防を目的とした美白化粧品では肝斑(かんぱん)のシミを消したり、薄くすることができません!

 

  • ハイドロキノン配合の美白化粧品をおすすめする理由

肝斑を含め、出来てしまったシミを薄くする効果がある成分は、ハイドロキノンが現在最も優れています。

 

また、顔にできるシミは、肝斑(かんぱん)だけとは限りません。

 

かんぱんによるシミができてしまう年齢のころには、老人性色素斑そばかすなどかんぱん以外の複数のシミが混在していることがほとんどです。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品なら、肝斑はもちろん、それ以外のシミも薄くする効果が期待できます。

 

肝斑のシミを消したいならハイドロキノン配合化粧品をまず使ってみてください!

有効にハイドロキノンを皮膚の奥のメラニンへ届ける国際特許の浸透技術がカギです!

 

ハイドロキノンを試すならビーグレンのトライアルがおすすめ!
全部使い切った場合でも購入から365日以内なら返金OK!勧誘の電話もありません!

 

ビーグレンのハイドロキノン配合美白化粧品トライアル

 

◎トライアルセットの購入ははこちらから!

肝斑にはハイドロキノン! ビーグレンのトライアル

 

肝斑は紫外線によってできるシミではありませんが紫外線対策は必須!

肝斑ができてしまう原因は肌に紫外線を浴びすぎてしまうことでできる老人性色素斑のシミとは違って、女性ホルモンの影響によってできるシミです。

 

しかし、紫外線が影響しているわけではないとはいえ、UV対策をまったくしなくても良いというわけではありません。

 

なぜなら、肝斑のシミができる年齢は30代〜40代が多いのですが、この年代になると肝斑以外のシミ(主に老人性色素斑)ができてしまう時期と重なります。

 

老人性のシミは若い頃から浴びてきた紫外線の量が多いほどシミができやすいので、紫外線を避ける対策は必須です。

(老人性のシミを消す方法についてはこちらのページを参照:老人性シミ(老人性色素斑)を消す方法

 

また、肝斑は紫外線に当たることで悪化しやすいとも言われています。

 

このことから、肝斑の原因は紫外線以外ではありますが、他のシミを予防するという意味もありUVケアは怠ることないようにしなけれななりません。

 

※シミ予防に最低限必要なUV対策
  • 日焼け止めを必ず塗る(外出時は必須!)
  • 日差しの強い季節はつばの大きな帽子や日傘を使用し直射日光を避ける
  • メラニンが過剰につくられないように抗酸化作用のあるビタミンCを多めに摂取する

 

肝斑のシミに限らず、美しい白い肌を目指したり、いつまでも維持していくのであれば、紫外線対策はずーーとやっていってくださいね!

 

紫外線はお肌のハリや弾力を失わせる原因にもなるので、UVケアをすることでシミだけでなくお肌のしわやたるみを防ぐことにもつながります♪

 

肝斑のシミも老人性のシミも!顔のシミを消すために選ぶならビーグレンの美白で決まり!

 

ビーグレンの美白化粧品トライアルキット

 

シミを消したい人のリピート率はハンパない♪
一度使ったらわかる人気の美白化粧品です。

 

ビーグレンの美白化粧品はハイドロキノン配合でシミ対策できる!365日返金保証も評判!

 

 

 

シミに効く化粧品 -TOP